咳 止め 食材

咳を止めるのに効果がる食材とは

スポンサーリンク

夜中に突然起きて咳き込む場合や、風邪等により咳が続く場合等はどうしても辛いものです。
ずっと続けば体力も奪われてきます。
病院に行く等して薬をもらうことももちろんですが、なかなか治らない場合には、咳止めレシピや有効とされている食材や逆に悪化させる食材を把握することも大事となります。
では実際に咳を止めるためにどのような食材が有効かと言うと、以下のような食材が有効とされています。
その食材とは、大根・はちみつ・生姜・レンコン・金柑・かりん・レモン・葱の白い部分・梨・パイナップル等とされています。
例えば、大根であれば含まれている消化酵素のジアスターゼが咳を止める効果があるとされており、痰が出やすいようにしてくれる効果もあります。
抗炎症作用や喉の痛みを止めてくれる消炎作用といった効果もあり、ウイルス除去にも役立ちます。
大根を咳止めに利用する際には、大根はちみつがおすすめとされています。
はちみつは喉に有効とされている食材であるため、あわせて取ることで間違いなしです。
スポンサーリンク

また、生姜も殺菌作用があるため、有効とされています。
ウイルス除去もですが、身体を温めてくれる作用もあるため、その効果も含め風邪の際には有効とされています。
それ以外の食材についても、それぞれ咳を止める効果やウイルス除去に役立つため自分が摂取しやすい物を選択して摂ることが重要となります。
反対に悪化させる食材としては、刺激の強いもの・チョコレート・ナッツ・せんべい・アイス・氷等が挙げられます。
これらは、全てなんらかの形で喉の粘膜に刺激をあたえてしまうため、より咳を悪化させてしまったりする恐れがあると考えられています。
そのため、風邪を引いている際等にはこれらの食品を避けておくことも有効といえます。
病院できちんと診てもらい、処方された通りに薬等を服用することが大事とはなりますが、それ以外であれば、喉に優しいとされる食べ物を積極的に摂るように意識し、なるべく安静にしておくことが一番と言うことができます。
スポンサーリンク