咳 喘息 応急 処置

喘息の咳での応急処置は、内科などの受診です

スポンサーリンク

痰がからむなどで、咳が出る事は誰にでもある症状です。
でも病気を発症している場合には、重要なサインになっている場合があるため、十分に注意する必要もあります。
 よく咳が止まらないで、非常に苦しい症状になっている場合、喘息の可能性があります。
酷い場合には、呼吸困難などの症状に陥るため、一刻も早い処置が必要になります。
応急処置としては、喘息とわかっている場合には、気管支拡張剤などを酷くなる前に使用する事ができます。
喘息の場合、発作が一旦起きてしまうと、応急処置は、医師による専門的な治療が必要なケースもあります。
 咳や喘息の発作の状態によっては、応急処置として、救急車を呼ぶなどで、時間の猶予がもてない場合もあります。
咳が出ている内はまだ本人が歩ける可能性などもありますが、咳も止まって、顔が白くなってくる様な場合には応急処置が必要です。
かかりつけの内科のクリニックを利用したり、救急車を呼ぶなどで早く医師による適切な処置を行う必要があります。
スポンサーリンク

 喘息による咳が酷くなった場合の応急処置は、寝ているよりも、本人のからだを少し起こした方が楽な場合もあります。
寝ている状態だと、更に悪化する事もありますので、本人が楽な姿勢、壁に寄りかからせるなども応急的に行えます。
喘息は、日頃の生活の中で、予防として行える事もいくつかあります。
発症した場合には、やはり専門のクリニックを利用して、発作の時の対処法を聞いたり、予防としてのお薬の処方などを受ける事ができます。
生活指導などを受けておくと、発作を回避する方向性をもつ工夫ができます。
 例えば、ダニなどのハウスダストによる咳の発生なども、多くの喘息患者の人に見られる症状です。
ダニなどは、布団に死骸となって付着している場合が多くなります。
こまめに布団の掃除、乾燥などを行っておくと、毎日使用するものですので、かなり改善する可能性もあります。
喘息を発症した人の中では、油断をして、疲れなどがからだに溜まった時に咳が多くなる、という声も聞かれます。
無理をしてからだが疲れたと感じる時には、ゆっくり静養する必要もあります。
スポンサーリンク