咳 止め 方法 大根

咳止めに有効な方法といえば大根

スポンサーリンク

風邪をひいた際などに咳を止めるために有効な方法があります。
それは、大根を使用することです。
大根には咳止めや風邪などに有効な成分が含まれているからです。
まず、大根には風邪や咳などでもたらされる喉の炎症を鎮めてくれる「アリル化合物」が含まれています。
アリル化合物、大根の辛み成分に含まれており炎症を鎮めるだけでなく、咳を止めるのにも有効なのです。
また、ビタミンCが豊富に含まれおり、ウィルスや細菌などの殺菌作用にも有効です。
これらの咳止めや風邪などに有効な成分は、熱を通すと壊れてしまうことがあります。
ですから、すりおろして生で食べる方法が適しています。
他に良い食べ方といえば「はちみつ大根」があります。
はちみつ大根は作る方法も簡単で、手軽にできるのでおすすめです。
また、はちみつにも抗炎症効果や抗菌効果があるため二つを組み合わせることによって薬にも勝る、効果のある食べ物を作ることが可能となっているのです。
スポンサーリンク

作る方法は様々ありますが、簡単なのは大根の皮を剥き、一口大に切ってはちみつに3時間ほど漬けるだけです。
しばらくつけると、水分が出てくるため飲みやすいシロップになります。
できるだけ早く作りたいというなら、おろし汁にはちみつを入れるという方法もあります。
これなら、待たずにすぐに摂取することができるため急な痛みなどにも対応することができます。
出来たシロップを1日に数回飲むだけで、咳止めになるため大変簡単です。
そのまま飲むのではなく、紅茶やお湯などに混ぜて飲むこともできます。
薬がどうしても苦手という人や、子供でも甘くて食べやすいのでおすすめの方法です。
また薬を摂取するのに抵抗があるという妊婦や授乳中のお母さんにも有効な方法です。
風邪や咳が収まってしばらくの間有効なのは。
大根おろしです。
咳止めできても、喉が痛いときは固形のものを口に含むのがつらいですが、おろしなら喉にも優しいです。
それに、殺菌効果もあるので早く元通りにすることが可能です。
スポンサーリンク