子供 咳が止まらない 何科

子供の咳が止まらないで何科を受診するかは、小児科でも扱えます

スポンサーリンク

子供が小さい内は、何かと風邪などを引いたり、病院を利用する機会が増える場合もあります。
症状によって、病院を替えるなどが必要になる事もあります。
 子供の咳が止まらない場合、病院の何科を受診するかについては、小児科や小児内科が適しているといえます。
小児科の場合、やはり小さい子供特有の病気などを把握している可能性が高くなります。
咳が止まらないという場合にも、小児喘息などを疑うケースもあります。
それだけ発生率なども、一般の大人に比較して多かったりする事があるため、やはり専門性をもった治療が役立ちます。
症例なども多く経験する医師であれば、診断や治療なども経験から可能性を探る事にもなります。
 子供の咳が止まらないという場合、何科を受診するか迷った時には、まずは小児科専門のクリニックなどを受診する事もできます。
個人で開業している町医者の場合には、確かに大きな設備などは余り見られない状況の可能性もあります。
でも、何か緊急の事態が生じた場合には、医師が他に専門的な何科を受診するかなど、紹介をしてくれるケースもあります。
スポンサーリンク

 子供の咳が止まらない場合、何科を受診するかについては、循環器系の専門科でも診てもらえる場合があります。
何科を受診すればいいかわからない、という場合には、例えば総合病院であれば、窓口に問い合わせるなども行えます。
予め電話で子供の咳が止まらない状況を話して、これから受診したいが何科に行けばいいか、尋ねておくなどもできます。
 子供の咳が止まらない状況は、本人が一番苦しいからだの状態に陥っている事になります。
親が何科を受診するか迷っている間も、咳で苦しい状況が継続します。
迷うよりも、病院に問い合わせるなどを行って、冷静に現在の状況説明をすれば、次の対処法などを教えてくれる場合も多くあります。
呼吸困難などで、かなり苦しそうな状態が見られれば、緊急事態として、救急車の利用なども考えられます。
救急隊員であれば、利用者のからだの状態、状況に応じた判断なども行ってくれます。
本人に代わって、体調などを十分に説明できる様にしておく必要もあります。
スポンサーリンク