咳止め 方法 玉ねぎ

咳止めに効果的な方法として話題の玉ねぎ

スポンサーリンク

咳が止まらなくて夜眠ることが出来ないなど、辛い症状の咳を一刻も早く止めたいと考える人達に今話題になっている、咳止め効果が高い玉ねぎが何故効くのかについて説明します。
まず咳が出るメカニズムから説明しますが、完全に咳に関するメカニズムは解明されてはいません。
咳が出るのには様々な要因があり喉や気管が、炎症を起こすことで痰が溜まっている場合や異物や刺激物の吸入など体内に外からの、強い刺激があった場合にその排除の防御反応として起こる場合などがあります。
咳には幾つかの種類があり風やインフルエンザや、急性気管支炎などの3週間未満の急性の症状から咳喘息やアトピーなどによる、3週間以上の慢性的な症状や8週間異常続く遷延性の症状などに分けられます。
咳止めにはそれぞれの症状に合った方法が有効で、症状がひどい場合には専門医療機関での診察が重要となります。
今話題となっている咳止め効果が高いといわれる、玉ねぎは何故咳止めに効くのかそして正しい方法について説明してきます。
スポンサーリンク

咳止め効果が高いと話題の玉ねぎですが、効果の理由として挙げられるのが玉ねぎに含まれている辛味の成分である硫化アリルです。
硫化アリルには血行を促進したり自律神経や、脳の神経を鎮静化させる効果があるという働きがあります。
また硫化アリルには疲労回復や免疫力の向上、殺菌効果などもあり夜眠れないのでなんとか咳止めしたいと、考える人にはピッタリの方法です。
正しい方法としては玉ねぎを夜寝る前に、半分に切って枕元に置くだけです。
これだけの方法で咳止めと安眠効果が得られると、民間療法としては多くの人が取り入れて効果を上げています。
ここで1つ注意したいのが玉ねぎは切って匂いが、少し感じられる程度の量にしないと逆に匂いが気になって眠れなくなる場合もあり注意が必要です。
先程も説明した通り3週間異常続く咳には、風邪以外の病気の可能性もありますのでその場合には医療機関へ相談することをおすすめします。
風邪で咳が出て眠れないなどの症状の場合には、この方法を試してみてはいかがですか。
スポンサーリンク