幼児 咳 止め 薬

幼児に使う咳止めの薬とは

スポンサーリンク

幼児は大人に比べると抵抗力が小さいため、気がついたら病気になっていた、というケースが珍しくありません。
 そのため、幼児がいる家庭では、保護者が彼らに対し目を光らせ、異変が起きていないか常時確認する必要があります。
 では、幼児が咳き込んでおり、それをどうにかして止めたいと思う場合は、どのような薬を使えばよいのかと言いますと、風邪薬があります。
 これは発熱や嘔吐、鼻水といったその症状が認められ、医師もそうだと診察した場合となります。
 風邪薬には咳止めの成分が入っていることが多いため、それをそのまま飲ませれば効果を発揮します。
 幼児は空気が乾燥しやすく、気温が低下している冬場に風邪を引くことが多いため、そこに注意するようにしましょう。
 夏場でもお風呂上がりに身体をきちんと拭かなかったことが原因で風邪を引くことがあるため、日頃からきちんと面倒を見てあげることが大切です。
 風邪は万病の元とも俗に言うので、侮らないようにしましょう。
スポンサーリンク

 幼児の咳が止まらない原因としてはぜんそくもあります。
この場合は咳止めを服用させるのはやめましょう。
 単純に咳止めを飲ませてしまうと、痰が絡んで呼吸困難になる場合が多いからです。
そのため、痰を取り除く薬か気管支を拡げる効果を持つものを与えてあげましょう。
 ハウスダストが原因で幼児が咳き込むこともあります。
ハウスダストとは家の中にたまっているホコリやゴミを指すものです。
 この場合は環境の悪さに起因しているので、咳止めの薬を飲ませるのではなく、掃除をするようにしましょう。
 空気が悪いとそれだけでぜんそくを患う幼児は珍しくありません。
排気ガスなどがひどい地域に住んでいる場合は、空気が綺麗な場所に引っ越すのも視野に入れておく必要があります。
 このように、幼児の体調が悪い場合は、咳止めの薬を安易に飲ませるのではなく、周辺にまで気を配る必要があります。
 どのような病気も油断から悪化することが少なくないので、それを忘れないようにしましょう。
スポンサーリンク