咳 止め 食べ物 飲み物

咳を止めるための食べ物や飲み物について

スポンサーリンク

喉が冷えると甲状腺の働きが弱まり、免疫力が落ちてしまいます。
そのため、温かい飲み物などで喉を温めることが大切です。
ただし、熱すぎる飲み物は喉の粘膜を傷つけて、痰の分泌を増やしてしまうため、咳を増やす原因となることもあります。
温かい飲み物をゆっくり飲むことで、蒸気による加湿効果も期待できます。
冷たい飲み物は、刺激で気管が収縮してさらに咳が出るため逆効果です。
冷蔵庫の冷たい飲み物より常温のものを飲むのが良いです。
喉に良い食べ物といえば、蜂蜜を想像する人も多いでしょう。
蜂蜜には殺菌効果や去痰効果がありますので、咳止めに効果が期待できる食べ物です。
また咳止めには蜂蜜入りの飲み物が効きます。
蜂蜜は、咳止めシロップと同じ効果があるということが分かっています。
飲み方は簡単です。
スプーンで、1杯から2杯程度の蜂蜜をそのまま飲むだけです。
蜂蜜なら甘いので、子供でも嫌がらずに飲めます。
そのまま飲めないという人は、紅茶に混ぜたりお湯にそのまま溶かして飲むのも良いです。
ただし、1歳未満の子供には与えないように気を付けなければなりません。
スポンサーリンク

咳止め効果のある食べ物を食べるのも良いです。
ニンニクには殺菌効果と消炎効果、去痰効果が期待できますので、風邪を引いたときには最適な食べ物です。
火を通すと効果が弱まってしまうので、すりおろしたものを料理に混ぜるなどして、生で食べるのが良いです。
しかし、過剰摂取すると、胃に負担がかかるので注意が必要です。
大根に含まれる成分には、殺菌作用と去痰作用がありますので、咳止め効果が期待できる食べ物です。
大根も生で食べた方がより高い効果が期待できるので、大根おろしにして、焼き魚などと一緒に食べるのが良いです。
生姜には殺菌作用があるので、喉に侵入したウィルスを除去し、咳を止める効果が期待できる食べ物です。
生姜も生のまま食べると良いです。
薬味として他の食材と一緒に食べることも効果的です。
しかし、飲み物や食べ物でも治まらない場合は、よく効くといわれている市販の薬もありますので、無理せずに飲んだ方が良いです。
日頃から栄養バランスの良い食事を心がけ、風邪を予防することが大切です。
スポンサーリンク