赤ちゃん 咳 ゼーゼー 原因

赤ちゃんの咳やゼーゼーという呼吸音の原因について

スポンサーリンク

赤ちゃんの呼吸音が「ゼーゼー」と息苦しい原因として、風邪をひいてしまい風邪から喘息や気管支炎にかかってしまった可能性が考えられます。
風邪の初期症状ではゼーゼーという呼吸音にはなりにくく、風邪をこじらせた場合にゼーゼーという息苦しい呼吸を赤ちゃんはするようになります。
 風邪をこじらせて長引いた場合には、鼻が詰まり痰がからむことが原因で、ゼーゼーという呼吸音がするようになります。
息苦しい呼吸音と併せて、咳やくしゃみ、発熱などの症状が現われるようになります。
赤ちゃんが咳やくしゃみ、ゼーゼーという呼吸音を発するのには、風邪以外の病気も考えられますので、体調がおかしいと感じた場合には、早目に医療機関を受診するようにしましょう。
 特に1歳未満の赤ちゃんは、呼吸器官がまだ未熟ですし、鼻の鼻腔も狭く、肺の機能も未熟です。
ゆえに、風邪をひいた時などにこじらせてしまい喘息や気管支炎などにかかる場合が少なくありません。
スポンサーリンク

 赤ちゃんは大人に比べると、咳が出やすいという特徴があります。
前述しましたように、鼻の鼻腔が狭いことが原因で、空気の通り道が非常に狭く、わずかな異物にも反応しやすいために、咳が出やすいというわけです。
鼻や器官に侵入した異物を押し出すという機能を咳は有していますので、赤ちゃんが咳をしている時には、鼻から入ったハウスダストなどを体外へ排出しようとしている場合がほとんどとなります。
 病気が原因で咳がよく出る場合には、病院を受診して適切な治療を施してあげましょう。
もっとも多い原因となる病気は、ウィルス性の風邪となるのですが、長引く場合にはほかの病気が考えられます。
ゼーゼーやヒューヒューという呼吸音が聞こえる場合には、咳の原因が小児気管支喘息の可能性もあります。
 小児気管支喘息の場合には、もっとも多い原因がアレルギーとなりますので、ダニやカビ、ホコリなどのアレルゲンをとり除く必要があります。
赤ちゃんの過ごす部屋を掃除して、加湿にも注意するようにしましょう。
赤ちゃんは免疫機能も未熟ですので、風邪であっても長引いたりこじらせたりすることも少なくありません。
スポンサーリンク