咳 吐き気 原因 妊娠

妊娠中の吐き気を伴う程の激しい咳の原因は東洋医学で判明

スポンサーリンク

妊娠中に吐き気と絶え間ない咳が出ると不安になります。
飲める薬も服用に制限がありますし、腹圧で赤ちゃんに影響が出ないか心配です。
痰が絡み、一度出始めると強い吐き気が出るほど止まらない症状がどんどん酷くなることがあります。
くしゃみや熱のような風邪の症状はなく、吐き気を伴う咳のみが酷くなるのが特徴で、喘息の発作のような気管支収縮や血中の酸素量が不足することはありません。
また、血液検査において、何らかのアレルギー反応が出ることもありません。
つまり、医学では解明できないけれども、吐き気が起こる程の激しく継続した咳が妊娠中に起こる人がおり、また、妊娠しているため、なかなか治療ができないのです。
このように西洋医学では原因がわからず、治療方もない吐き気が出る妊娠中の咳ですが、東洋医学においてはこの症状には「妊娠咳」という名前がつけられており、治療法も存在しています。
妊娠咳が起こる原因は気の流れのバランスの崩れから来ているといわれています。
スポンサーリンク

妊娠すると、胎児に栄養を送るために大量の血液が子宮や胎盤に集中します。
すると他の臓器が血流不足となり、冷えやすくなり、冷えの影響を受けやすい肺や気管支の調子が悪くなるのです。
もし、東洋医学でいわれている妊娠咳であれば、血流を整えたり、体を温める作用のある漢方を処方してもらうことで、吐き気と咳が劇的に良くなります。
漢方は、その症状を抑え込む作用の薬ではなく、その症状を起こす原因の血の流れやバランスを整えることで、悩みを引き起こす症状を収めていくという概念で、西洋薬よりも副作用は少ないと言われています。
しかし素人ではどの漢方を服用したらよいのか判断するのは難しいので服用の際には必ず専門医か漢方薬剤師に相談が必要です。
また、体を冷やさないようにするため、冷たいものの飲食を避けたり、体を温める作用のある生姜などの食べ物を取り入れるなど、日常生活の中で冷えない工夫をすることが大切です。
夏でも意外に冷えるものです。
効きすぎる冷房なども原因ですし、いつもサンダル履きなども原因の一つです。
喉周りにスカーフを巻いたり、一枚羽織れるカーディガンなど、原因を作らないように心がけましょう。
スポンサーリンク