食物 アレルギー 咳

食物アレルギーの意外な症状、咳に注目

スポンサーリンク

現代人で何もアレルギーがない、という方は少ないのではないでしょうか。
花粉症やハウスダストなど、文字を見ただけでも鼻がムズムズしてきそうです。
そして食物アレルギーを持つ子が多いのも、現代の特徴でしょう。
幼稚園や学校の給食でもアレルギー対応ができ、親としては有難い時代になりました。
 食物アレルギーと聞いて、皆さんはどんな症状を想像されますか。
蕁麻疹や体のかゆみでしょうか。
もし食事をしてコンコンと咳をする子がいても、特に注意はしないかと思いますが、食物アレルギーで本当に怖い症状はこの咳なのです。
 蕁麻疹は症状が体の外に出ており、見た目では重症に見えるかと思いますが、命に関わることはまれです。
しかし咳が出る場合は症状が気管にでており、気づかずに放っておくと気管がどんどん腫れ上がってしまい、呼吸が出来なくなる可能性があります。
あれ、なんか様子がおかしいなと思ったときには手遅れになってしまうこともあるのです。
 スポンサーリンク

 食物アレルギーについてはたくさんの飲食店や商品で対処が行われるようになりました。
アレルギーに関係のない方でも、何となく知識があるのではないでしょうか。
マヨネーズが卵で出来ているとか、ヨーグルトは乳製品だとか、食物の原材料に何が使われているか関心を持つことは大切です。
しかし、次に症状を知る事もとても大切な事なのです。
 蕁麻疹やかゆみだけでなく、咳や腹痛などの症状が出ることもあり、体の内側に出る症状は命の危険に関わる。
周りの誰かが気づいてあげるためにも、誰でも知っておいて欲しい知識です。
 食物アレルギーによる咳には特徴があります。
乾いた咳や連続する咳、またゼーゼーヒューヒューと音が聞こえたら要注意です。
周りの人には分かりませんが、本人はのどが締め付けられるような感覚があるようです。
 これまでは普通に食べられていた食物でも、ある日突然症状が出てしまうという事例もあります。
小さな症状でも見逃さず、慌てず適切な対応が取れるといいですね。
スポンサーリンク