咳喘息 原因 治療

咳喘息の原因と治療法について

スポンサーリンク

風邪の症状の1つだと考えていたが咳だけが治まらない状態が、数週間続くようならば咳喘息の可能性があります。
咳喘息とは慢性的に、咳が長く続いてしまう呼吸器系の病気です。
喘息は空気が通る気管に何らかのアレルギーが起きて、炎症している状態なのですが咳喘息も同じような状態であるといえます。
ただ喘息と決定的に違うことは特有のぜーぜーといった喘鳴や、苦しい呼吸や痰などの症状が見られず、風邪の症状と自己判断してしまうような症状なのが特徴です。
この症状を放置してしまうと気管支喘息に移行してしまう場合もあり、異変に気づいたら早急に専門医療機関での診察を受けることが重要となります。
はっきりとした原因はまだ、解明されていない部分が多いのが現状です。
ただ原因としてハウスダストや花粉などのアレルギーによるもの、また冷たい空気やタバコの煙などの刺激が原因になる場合もあり、過度なストレスなども症状がでやすいといわれています。
スポンサーリンク

様々な原因から症状が出ると夜眠ることも出来ない程、苦しい症状となるので正しい診断と検査を受けることが重要です。
診断には胸部レントゲン写真撮影や肺機能検査、血液検査や呼気中一酸化窒素濃度の測定などによって行われます。
そこで咳喘息だと診断された場合の治療法ですが、一般的には喘息の治療と同じく空気の通る気管の炎症を抑える、薬物治療が選択される場合が多いです。
吸入ステロイド薬を使って症状の悪化を防いだり、気管が狭くなることで咳が出るのを防ぐ為に気管拡張役を使用する場合もあります。
ここで治療を受ける注意点としては途中で、治療を勝手に止めてしまったり適切な治療を受けないと、症状の悪化に繋がることがあるので注意が必要です。
治療を行うとともに大切なことは、予防の観点から日常生活に注意を払うことです。
風邪やインフルエンザの予防の為に、手洗いやうがいの励行などは欠かせないです。
また喫煙習慣がある人は禁煙と行い、気管支を守る努力も必要となります。
アレルギーの原因物質の除去なども、予防には有効です。原因をの可能性を排除していくようにすれば症状も改善していくでしょう。
自分の症状の原因をしっかりと理解してから、正しい改善策を講じることが重要です。
スポンサーリンク